img_02

植毛のココだけの話

糖尿病や痛風、高脂血症、高血圧症、血管系の疾患(脳卒中、心筋梗塞)は増加しています。
小学生の児童に、肥満や糖尿病が増えているとの学校医からの報告もあります。


「私の場合は、一時悪化していた皮膚が、二ヶ月ほどたって皮膚の表面がボロボロはがれながら、次第に普通の皮膚の状態に近づいていきました。

炎症後の色素沈着によって、皮膚が黒ずんでおり、まだ完全にアトピーを克服したとはいえません」このようにアトピー性皮膚炎の治療は、本人の努力なくしては成り立ちません。

またその苦しみは本人しかわかりません。

あなたは「生かされているのです」、あなたの仲間は大勢いるのです。元気になったら世間に恩返しすればよいのです。


医学の父であるヒポクラテスはこういっています。「自分の食べ物でもって癒そう。
癒すのは食べ物である」私たち人間は、植物や動物を口に入れて消化し、ブドウ糖というエネルギーを作って運動(仕事)をします。

体内は常にバランスの上で健康を保っており、偏った栄養を取りすぎると、バランスを崩して病気になってしまいます。


また運動不足ということは、ブドウ糖を体内で消費しないということであり、脂肪となって各細胞に付着していきます。たとえば肝臓の細胞に脂肪が貯まりますと「肝脂肪」になり、肝臓ガンに発展する可能性が高くなります。

食事療法で断言できることは、洋食から和食に転換しなさいという一語につきます。
目標の食材料は、一日「三○種類以上」「多品種・少量」です。

とくにミネラルをたっぷり含んだ野菜は、体内の潤滑油の役割(潤滑油がないと歯車も動きません)がありますので、意識して摂るようにしたいものです。

なにも生野菜にドレッシングをかけて食べる必要はありません。
ビタミンの主な効果と主な食品単独でのビタミン摂取では効果は低く、他のビタミン・ミネラルなどとの相乗効果が大切です。

皮膚、粘腰を健康に保つ。成艮促進免疫磯能の活発化。生瓢;i能の維持。抗ガン作用。夜画症、角膜炎、皮膚角(I症の予防。など糖質の代囲を促進。成畏促進.綱神状態の改善。
脚気の予防。などピーナッツ。


米ぬか。

ミルク。

豚肉。

など成長、生殖を助ける。

健康な皮膚、爪、髪にする。

体内の週酸化物質の分解。


薬物の代側。
口角炎、口内炎、舌炎の予防。


脂湿性皮膚の予防。

抗酸化作用。

抗ガン作用。


免疫力の活性化。感染症の予防。

コラーゲンを形成し、強い皮膚を作る。

最近話題の植毛に関する情報が幅広く集まります。

抗ストレス作用。

炎症後の色素沈暦の改善。
ホルモンバランス・リズムの改善。細胞硬化、侭血拝(歯肉出血、全身の点状・斑状出血)の予防。など柑橘類。イチユピーマン。